激安特価 スペースエコー BOSS 《ボス》 RE-2 売り込み 4月23日発売予定 Space Echo

【スペースエコー】 BOSS 《ボス》 RE-2 [Space Echo] 【4月23日発売予定】

スペースエコー BOSS 《ボス》 RE-2 売り込み 4月23日発売予定 Space Echo [Space,【スペースエコー】,楽器・音響機器 , ギター・ベース , アクセサリー・パーツ , ギター用アクセサリー・パーツ , エフェクター,theheritagetheatre.org,《ボス》,Echo],RE-2,BOSS,16225円,/Aspasia495691.html,【4月23日発売予定】 スペースエコー BOSS 《ボス》 RE-2 売り込み 4月23日発売予定 Space Echo 16225円 【スペースエコー】 BOSS 《ボス》 RE-2 [Space Echo] 【4月23日発売予定】 楽器・音響機器 ギター・ベース アクセサリー・パーツ ギター用アクセサリー・パーツ エフェクター [Space,【スペースエコー】,楽器・音響機器 , ギター・ベース , アクセサリー・パーツ , ギター用アクセサリー・パーツ , エフェクター,theheritagetheatre.org,《ボス》,Echo],RE-2,BOSS,16225円,/Aspasia495691.html,【4月23日発売予定】 16225円 【スペースエコー】 BOSS 《ボス》 RE-2 [Space Echo] 【4月23日発売予定】 楽器・音響機器 ギター・ベース アクセサリー・パーツ ギター用アクセサリー・パーツ エフェクター

16225円

【スペースエコー】 BOSS 《ボス》 RE-2 [Space Echo] 【4月23日発売予定】











Compact Space Echo

RE-2は、Roland RE-201 Space Echoをかつてないレベルで再現したコンパクト・ペダルです。
1974年にリリースされたRE-201は、世界中のミュージシャンから愛されているレジェンド・プロダクトであり、リズミカルで温かみのあるエコー・サウンドは唯一無二の世界観を作り出します。オリジナルを知り尽くしたBOSSがサウンドと挙動まで再現した RE-2には、ミュージシャンが心地よいと感じるSpace Echoの魅力が凝縮されています。

伝説の名機Space Echo
テープ・エコーは、やまびこ効果を得ることのできる最初のエフェクターで、温かみのあるダイナミックなサウンドが多くのミュージシャンを魅了しました。1974年に誕生したRoland RE-201 Space Echoは、再生ヘッドが1つ搭載された一般的なユニットとは異なり、等間隔で配置された3つの再生ヘッドにより、リズミカルなエコーを実現。また、テープへの負荷を最小限に留めることで高いパフォーマンスを発揮する、革新的なフリーランニング方式が採用されました。アイコニックなサウンドが得られる SPRING REVERBも内蔵しており、これらの設定やコントロールはフロントのノブで簡単に調節可能。また、アナログのプリアンプ部では、サウンドにこだわりの強いミュージシャンが好む、楽器としての魅力を引き出すエッセンスが加えられていました。

名機の魅力を凝縮
BOSSは長年に渡り蓄積してきたSpace Echoに関する膨大なデータに加え 、自社で保管している貴重なミント・コンディションのオリジナル・ユニットと、複数のヴィンテージRE-201を徹底的に再解析。録音/再生のメカニズムやモーター動作などの検証を慎重に重ねた上で、Space Echoの魅力をコンパクト・ペダルの筐体に凝縮しました。オリジナル同様、3つの再生ヘッドとリバーブの組み合わせをMODEノブで簡単に選択可能。REPEAT RATEはオリジナルの2倍の長さへと拡張することもできるため、 現代の音楽でも十分な魅力を発揮します。WOWFLUTTERノブでは、磁気テープの回転が不安定になることで発生する自然なモジュレーション効果をコントロール。また、これらのノブはオリジナルと同様の挙動まで再現しているので、過激な設定で発振音を得る際にも、オリジナルを触っているかの様な生々しい機構の動きを感じながらリアルタイム・コントロールが行えます。さらに、ダイレクト音をプリアンプに通すか通さないかも選択可能。プリアンプ通過時にはSpace Echo特有の温かみのあるダイレクト・サウンドが得られます。RE-2は、Space Echoの魅力をコンパクト・ペダルに凝縮した。ペダルボードに追加しやすいモデルです。

便利な機能
RE-2は、コンパクトながら多数の便利な機能を備えています。ペダルを長押しすることで、タップテンポ機能や、エコー音を過激にうねらせるTWISTのON/OFFがコントロール可能。入力はステレオ対応となっているため、広がりのあるリバーブ効果を存分に発揮できます。ペダルの上部にはCARRY OVERのON/OFF スイッチを搭載しており、エフェクトをオフにした際にエコー音を残すか否かまで、簡単に設定することができます。

表現を広げる外部拡張
RE-2はCTL1,2/EXPの拡張端子を装備。本体のペダルではタップテンポの入力、増設したペダル・スイッチでTWISTをON/OFFできます。エクスプレッション・ペダルを接続すれば、任意のパラメータを複数同時に制御することも可能。演奏しながらSpace Echoの特徴的な発振音を生み出すことができます。
■主な仕様
●モード:11 種類
●規定入力レベル INPUT A(MONO)、INPUT B:-20dBu
●最大入力レベル INPUT A(MONO)、INPUT B:+7dBu
●入力インピーダンス INPUT A(MONO)、INPUT B:1M Ω
●規定出力レベル OUTPUT A(MONO)、OUTPUT B:-20dBu
●最大出力レベル OUTPUT A(MONO)、OUTPUT B:+7dBu
●出力インピーダンス OUTPUT A(MONO)、OUTPUT B:1k Ω
●推奨負荷インピーダンス OUTPUT A(MONO)、OUTPUT B:10k Ω以上
●バイパス:バッファード・バイパス
●コントロール:MODE つまみ、REPEAT RATE つまみ、WOW FLUTTER つまみ、INTENSITY つまみ、TONE つまみ、ECHO つまみ、REVERB つまみ、CARRYOVER スイッチ、 ペダル・スイッチ
●インジケーター:CHECK インジケーター(バッテリー・チェック兼用)
●接続端子 INPUT A(MONO)、INPUT B、OUTPUT A(MONO)、OUTPUT B 端子:標準タイプ、CTL/EXP 端子:TRS 標準タイプ、DC IN 端子
●電源:アルカリ電池(9V 形)、AC アダプター(別売)
●消費電流:75mA
●連続使用時の電池の寿命 アルカリ電池:約 4.5 時間 ※使用状態によって異なります。
●外形寸法:73(幅)× 129(奥行)× 59(高さ)mm
●質量(乾電池含む):450g
●付属品:保証書、チラシ(安全上のご注意、使用上のご注意、お問い合わせの窓口)、アルカリ電池(9V 形);本体に接続済み
●別売品 AC アダプター:PSA-100、フットスイッチ:FS-5U、デュアル・フットスイッチ:FS-6、FS-7
     エクスプレッション・ペダル:FV-500H、FV-500L、EV-30、Roland EV-5
※ 0dBu = 0.775Vrms
※仕様およびデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

【スペースエコー】 BOSS 《ボス》 RE-2 [Space Echo] 【4月23日発売予定】

最新情報

サーバ復旧(22.03.11)

諸般の事情により、サーバOSを交換、再起動しました。

《元明清戲曲資料彙編》刊行

寨主が共編・共訳・翻刻・組版した標記の書籍が台湾博揚文化から刊行されました。高いので、図書館に買わせてください。→三民網路書店の《元明清戲曲資料彙編》ページ

ISBN13:9789865600518
博揚文化 NT$18,000
精裝5冊1450頁

慶應経済中国語2020遠隔授業情報Wiki

内部公開です。

『デジタル時代の中国学リファレンスマニュアル』刊行

漢情研出版プロジェクトの最後の一つ『デジタル時代の中国学リファレンスマニュアル』を入稿しました。たぶん、漢情研最後の出版物になります。漢情研雑誌バックナンバー掲載記事を元に、大幅に増補改訂しており、書き下ろし項目も多数です。

ISBN978-4-87220-227-4
好文出版 ¥4,500+税
572頁

漢和辞典と中国語辞典なんて項目、なんで要るの?と思う人も多いと思いますが、大学院の留学生のために欲しい、というリクエストがあったんですよねえ。

6月末に修正2刷が出ました。

『中国都市芸能研究』第19輯刊行

寨主が編集長を務める『中国都市芸能研究』第19輯が刊行されました。いつものようにやっつけ論文を書いています。

ISSN 1347-6084
好文出版 ¥2,000+税
112頁

『漢字文献情報処理研究』第19号刊行

寨主が編集長を務める『漢字文献情報処理研究』第19号が刊行されました。たぶん、これが最終号になります。

ISBN978-4-87220-223-6
好文出版 ¥2,200
210頁

主なコンテンツ

大学関連リンク

このコンテンツについて

このコンテンツとは、

以下の全てのデータを指します。


  • このコンテンツの著作権は、特に表示が無い場合は、千田大介に帰属します。
  • このコンテンツの複製・印刷は、個人的使用に関しては自由ですが、著作権所有者の許可を得ずに適正な引用の範囲を超えて転載・公開・利用することは、法律で禁止されています。
  • このコンテンツへのリンク掲載は、原則としてフリーですが、一言お知らせ頂けると幸いです。Wikiページ・HTMLページともに、ページ名・ディレクトリ名が変更されることがあるので、できるだけトップページを掲載してください。ただし、リンクが掲載されたサイトに社会通念・道徳などの上で問題がある場合、リンクの掲載方法に問題がある場合などは、リンク掲載をお断りしたり、リンク削除を要請することがあります。
  • リンク先ページがあたかもリンク元コンテンツの一部であるかのような誤解を与えかねない方法(フレーム内表示など)でのリンクは違法です。

お持ち帰り用バナー: